不登校新聞

296号(2010.8.15)

ひきこもり推計70万人

2013年10月22日 16:54 by kito-shin
2013年10月22日 16:54 by kito-shin


 7月23日、内閣府は「ひきこもりに関する実態調査」の結果を明らかにした。それによると、15歳~39歳のうち、ひきこもっている人は全国でおよそ69万6000人いると推計されるとの調査結果があきらかになった。

 内閣府による「ひきこもりに関する実態調査」(以下、調査)は今年2月に10日間かけて行なわれた。調査対象となったのは全国の市町村に住む満15~39歳の5000人、うち3287人(65・7%)から回答を得た。

 調査ではひきこもりの定義について、外出頻度にも着目している。「自分の趣味に関する用事のときだけ外出する」と回答した者を準ひきこもり、「近所のコンビニなどには出かける」「自室からは出るが家からは出ない」「自室からほとんど出ない」と回答した者を狭義のひきこもりと分類した。両者をあわせた広義のひきこもりは、59人(1・79%)いた。総務省の「人口統計」(2009年)によると調査対象世代は3880万人いることから、推計で広義のひきこもりとされる人は全国でおよそ69万6000人いるとの調査結果を明らかにした。

 なお、調査では統合失調症や身体の病気をきっかけとする場合や現在家事・育児をしている者については除外している。同時に、将来ひきこもりになる可能性があるとされた「ひきこもり親和群」もおよそ155万人(3・99%)に達するとの結果が出た。

 年齢別で見ると、35~39歳が23・7%ともっとも多く、30~34歳(22%)、20~24歳(20・3%)と続いた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…