不登校新聞

557号 2021/7/1

不登校からの「学び直し」ぶつかりやすい2つの壁とは

2021年07月01日 16:52 by kito-shin

連載「不登校からの勉強のススメ」第2回

 不登校の子どもがいよいよ勉強をスタートしようとする、まさにそのタイミングでご本人に立ちはだかる「壁」があります。

壁その①「何から手をつけたらよいのかわからない」。

 勉強から遠ざかっていた場合、何からやればよいのか途方に暮れてしまうのも当然です。そんなときは、以下の3パターンから選んでみるとよいでしょう。

 パターン①は「とっつきやすい科目から始める」とういこと。「今思えば、この子は日本史だけは好きだった。とはいってもその日本史ももうずっとやってないけど」などという場合は、「手をつけやすい科目から始めてしまう」ことをおススメします。ほかの科目のことが気になるかもしれませんが、まずはそちらは置いておき、「少しでも手をつける」ことを優先してしまうとよいでしょう。

 パターン②は「本人が無駄と感じにくいものから始める」ということ。本人にとっては、日常で使うかどうかもよくわからない英語や数学、社会などにくらべて「漢字や日本語の語彙を増やす」ことなら「たしかに役立ちそうだ」と感じやすいかもしれません。

 そういう場合は、漢字や日本語の語彙をつけることから始める、つまり少しでも本人が無駄と感じない分野からスタートするのはよい手です。「将来だまされたくないので数字には強くなっておきたい」と考えて数学から始めたお子さんの例もあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が勉強を再開するとき、間違えてしまう目標の据え方とは

558号 2021/7/15

不登校の子が勉強すると言った時。親が知っておくべき3つの心構え

556号 2021/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...