不登校新聞

295号(2010.8.1)

論説「子どもの権利条約、国連勧告」

2013年10月30日 15:59 by nakajima_



 去る5月27日~28日に、ジュネーブでは国連子どもの権利委員会(第54会期・子どもの権利条約の実施を監視する機関)が開かれ、日本政府の第3回報告が審査された。

 子どもの権利基本法の制定を

同委員会は、政権交代後の日本における「子ども・若者育成支援推進法」関連の取り組みなどを一歩前進と見たものの、これらの文書が子どもの権利を基盤としたものであるかどうかについて疑念を示し、子どもの権利を包括的に保障する「子どもの権利基本法」などを制定する意志があるかどうか、を問うた。これに対して日本政府担当者は、前記・支援推進法に基づく健全育成に努めており、「これ以上の包括的な法律の制定というものは検討されておりません」と後ろ向きな答弁に終始した。この支援推進法を担当してきた福島みずほ(前・少子化担当大臣)は、今年に入ってことあるごとに「子どもの権利基本法を制定したい」と公言してきたはずであり、ここでも政治主導、脱官僚が問われていることを痛感する。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

197号(2006.7.1)

18年間にわたり娘を監禁 福岡市監禁事件を考える

197号(2006.7.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【三重県津市】

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...