不登校新聞

295号(2010.8.1)

論説「子どもの権利条約、国連勧告」

2013年10月30日 15:59 by nakajima_



 去る5月27日~28日に、ジュネーブでは国連子どもの権利委員会(第54会期・子どもの権利条約の実施を監視する機関)が開かれ、日本政府の第3回報告が審査された。

 子どもの権利基本法の制定を

同委員会は、政権交代後の日本における「子ども・若者育成支援推進法」関連の取り組みなどを一歩前進と見たものの、これらの文書が子どもの権利を基盤としたものであるかどうかについて疑念を示し、子どもの権利を包括的に保障する「子どもの権利基本法」などを制定する意志があるかどうか、を問うた。これに対して日本政府担当者は、前記・支援推進法に基づく健全育成に努めており、「これ以上の包括的な法律の制定というものは検討されておりません」と後ろ向きな答弁に終始した。この支援推進法を担当してきた福島みずほ(前・少子化担当大臣)は、今年に入ってことあるごとに「子どもの権利基本法を制定したい」と公言してきたはずであり、ここでも政治主導、脱官僚が問われていることを痛感する。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ問題の専門家が考える いじめ解決のポイントは?

489号 2018/9/1

「中動態の世界」から見た不登校 意志という幻想が奪った言葉

488号 2018/8/15

なぜ学校へ行けない子がいるのか、その根本に広がる社会的錯覚

485号 2018/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...