不登校新聞

570号 2022/1/15

編集後記

2022年01月10日 10:20 by kito-shin

 私の青春のひとつ、それは「どうぶつの森」だ。第1作目「どうぶつの森64版」は、私が不登校をし始めたころに発売した。初めて手にしたときの感動といったら、今でも忘れられない。見事に沼へハマった私は、1日12時間プレイすることもザラにあった。親が頭を抱えていたことは言うまでもない。だが当時の私にとっては、どう森はなくてはならない存在だったのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

571号 2022/2/1

森の喫茶店 第571号

571号 2022/2/1

SmartNewsから『不登校新聞』が表彰

570号 2022/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...