不登校新聞

570号 2022/1/15

不登校の息子が専門学校へ「やっと終わった」と思った母の本音

2022年01月12日 11:51 by kito-shin
2022年01月12日 11:51 by kito-shin

 不登校だった次男が東京の専門学校へ。「これでもう大丈夫、不登校からは卒業できたんだ」、そう思っていた後藤誠子さん。しかし、専門学校が始まって約1年、「なんだかイヤな予感がした」と後藤さんは語ります(連載「不登校は幸せへの道」第9回)。※写真はイメージです

* * *

 あんなに学校へ行けなかった次男が、卒業式には参加した。体育館でほかの生徒と座り、名前を呼ばれると大きな声で返事もした。うれしくて私は泣くのだろうと思っていたが、不思議と泣く気にはなれなかった。やっと長い戦いが終わった。明日からはもう戦わなくていい。ほっとする思いだった。

 3月、次男は1人で東京へ旅立った。専門学校でギターづくりを学ぶために。学生専用の寮で暮らすことになった次男。もちろん家を離れて生活するのは初めて。生活に必要な物は近くで買えばよいと何も持たずに行ったものだから、最初からつまずいた。「あれはどうすればいい、これはどこで買うの」と何度も連絡が来た。

 4月に入り学校が始まると、やっとすこし落ちついてくる。 寮の先輩に食事に連れて行かれた、クラスの子たちと遊びに行ったと知らせてくれるLINEの文字が楽しそうに踊って見えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもる息子のことを考えない日が来るとは 母と息子に訪れた変化

587号 2022/10/1

「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」不登校の母がやっと見つけた答え

586号 2022/9/15

「ひきこもりの親を楽しんでしまえ」母親の価値観を大きく変えた出会い

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…