不登校新聞

574号 2022/3/15

不登校支援は今後どうなる?文科省有識者会議が素案を公表

2022年03月14日 16:12 by kito-shin
2022年03月14日 16:12 by kito-shin

 「不登校に関する調査研究協力者会議」の第4回会議が2月17日に開かれ、今年度末をめどに取りまとめられる報告書の素案が示された。同会議では毎回報告書が出され、文科省における不登校対応に大きく影響してきた背景がある。同会議が初めて開かれたのは1992年、それから30年が経った今、コロナ禍も踏まえ、不登校支援にどのような視点や具体策が盛り込まれるか。本紙記者が注目する点を解説する。

* * *

 2月17日、「不登校に関する調査研究協力者会議」の第4回会議が開催され、同会議が今年度末をめどに取りまとめる報告書の素案が示された。「今後重点的に実施すべき施策の方向性」では、①不登校傾向のある児童生徒に関する支援ニーズの早期把握、②不登校児童生徒の多様な教育機会の確保、③不登校児童生徒の社会的自立を目指した中長期的支援などの3点が盛り込まれている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

物議を醸した東近江市長の発言 不登校の歴史から考える差別や偏見に立ち向かうために必要なこと

614号 2023/11/15

いじめがきっかけで不登校に 学校と生徒で「認知差85倍」の理由【全文公開】

613号 2023/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…