不登校新聞

589号 2022/11/1

ホームエデュケーション家庭301世帯を調査 月額費用や困りごとは

2022年10月31日 11:27 by kito-shin
2022年10月31日 11:27 by kito-shin

 9月16日、「ホームスクール&ホームエデュケーション家族」はホームスクールやホームエデュケーション(家庭を拠点とした教育・学び)を実践する家庭に行なったWEBアンケートの調査結果を公表した。回答したのは301世帯。2021年5月の前回調査と比べて2倍近い回答が寄せられた。回答で寄せられた保護者の困りごとを見ると、2つの項目が突出して多かった。その2つとは。

* * *

月額の費用は

 今回の調査において「保護者の困りごと」として突出して多いのが「経済的負担」(34・9%)と「人や社会とのつながりの減少」(23・6%)だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…