不登校新聞

606号 2023/7/15

小4で不登校、適応障害と診断 救いにも苦しみの源にもなったアニメ

2023年07月12日 10:31 by kito-shin
2023年07月12日 10:31 by kito-shin

 「僕はエレンと同じだ――」。不登校経験者・馬場貴也さんはアニメ『進撃の巨人』の主人公・エレンに深い共感をおぼえました。しかしそれゆえに、苦しくなることもあったといいます。「大人へのステップを踏めていない」と語る馬場さんが、本音を書いてくださいました。

* * *

 僕はアメリカのシカゴに2歳から9歳まで住んでいて、そこでは自然環境が豊かでいっしょに遊べる友だちも多く、楽しい日々をすごしていました。

 しかし日本に帰国した後、環境が大きく変わったことでカルチャーショックを受け、同級生や先生からの暴行や言葉による暴力などもあり、小学4年生のころに不登校になりました。

 その後も中学生から高校生のあいだ、断続的に不登校を経験して体や心を崩し、適応障害、不安障害にかかりました。僕は学校と学校へ行くよう強要する家族から抑圧的なものを感じ、同級生や先生、僕のことを理解してくれなかった親、そして無力な自分自身に強い怒りを抱き続け、とくに中学時代はすさんだ日々をすごしていました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死のうとしたけど生きたかった」いじめにより不登校した女性が語る「生きることの意味」

626号 2024/5/15

「不登校から文科省職員に」異色の経歴を持つ藤井健人さんが目指すのは「不登校という格差」の是正

626号 2024/5/15

「親子関係は?元気になったきっかけは?」3人の経験者が語る私の不登校とその後

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…