不登校新聞

270号(2009.7.15)

第6回 ひきこもり三国志の制し方 勝山実

2014年02月26日 11:30 by 匿名


連載「安心ひきこもりLIFE」


 ひきこもり一年生が、かならずしもヤングとはかぎらない、金を生む装置だったダディーも定年退職すればひきこもり一年生です。ママンだってパートのような仕事をしなければ立派なひきこもりです。そう考えるとわが家には、ひきこもりが3人もいるわけですな。2009年はひきこもり三国志の幕明けだと言っていい。親と子がいがみ合うという東西冷戦のような構図から、夫婦のいがみ合いを交えた三つ巴の時代になったのです。これに気づかないと和平を保つことは困難になります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...