不登校新聞

508号 2019/6/15

「ひきこもり」に関連する記事

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

連日、「中高年のひきこもり」が話題になっています。きっかけは川崎殺傷事件と練馬での元官僚の父親(76歳)がひきこもりの息子(44歳)を殺害した事件でした。事件とひきこもりを短...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 508号 2019/6/15

不登校・ひきこもりだった僕が人生はムダじゃないと思えるまで

安田祐輔(ゆうすけ)さんは、発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「もういちど勉強したい人」のための個別指導塾「キズキ」を立ち上げた。取材企画...

  いいね!   shiko shiko from 505号 2019/5/1

不登校はしませんでしたが就活で挫折 大卒後6年ひきこもった私の今

松原ゆきこさん(仮名)は就職活動を機にひきこもった経験を持つ。「明るい私」を演じ続けていたと話す松原さんが感じた就活特有のつらさとは何だったのか。 * * * 私は大卒のひき...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 501号 2019/3/1

マジメに働かない若者はなんて呼ばれてきたのか【100年分調査】

「最近の若い者は……」、よく耳にするこの言葉。ニートやひきこもりが社会問題にされるなど、若者が煙たがられるご時世、本当に「いまの若者」はダメなのか? いや、いつの時代にも若者...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

「失敗をできる職場に」ブードンがひきこもりを積極採用する理由

ひきこもりを経験した若者を積極的に採用する「株式会社ブードン」。社長の佐野光司さんに、会社を設立した経緯や会社のシステムをうかがった。 * * * 一風変わった取り組みで、若...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

10年間ひきこもって、ダイニングバーのマスターを始めました

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)は、その後、ひきこもりの当事者会や本紙の取材に参加し、今年5月からバーのマスターを始めた。毎日のよう...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

「僕はひきこもりだ。生粋のひきこもりだと思う。何の価値もない、何もできやしない、自分の部屋にしか居場所のないひきこもりである」。 そんな書き出しで始まるこの本は、こう続きます...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

わが子を信じて待つ~“待つ”の意味をまちがえていませんか?

2018年5月27日、東京都大田区にて、『不登校新聞』創刊20年記念集会を開催した。今号では、記念集会のプログラムのなかから、本紙表理事の多田元による講演会の抄録を掲載する。...

  いいね!   shiko shiko from 485号 2018/7/1

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.13  先日、ある番組が「長期ひきこもり」についての短いコーナーを放送しました。そのなかで就労へと歩んでいる本人がインタビューで「自分は甘え...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 484号 2018/6/15

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.12ひきこもり支援の世界では、よく「早期発見・早期対応が大事」だと、標語のように言われています。 言うまでもなく、この言葉は「支援機関はひきこ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 483号 2018/6/1

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.11  世間一般では、ひきこもり状態の人に対して「弱い」という見方が定着しているようです。「ひきこもりは弱い人間がなるものだ」と。そこまでは...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 482号 2018/5/15

脱ひきこもりのためには、規則正しい生活をさせたほうがいいですか?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.10 不登校やひきこもりの相談員、スクールカウンセラー、精神科医のなかには「まずはお子さんには、規則正しい生活をさせて」と親に指示する方が少...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 481号 2018/5/1

働きたいけど働けない、当事者が抱える本当の心理とは【不登校・ひきこもり相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.9  ひきこもり状態の人は「社会に戻る/戻らないで葛藤している」とよく言われます。不登校状態の場合に「学校に行く/行かないで葛藤している」と...

  いいね!   shiko shiko from 480号 2018/4/15

学校は無理しなくていいけど逃げてばかりでいいの? 親のギモンに相談員が回答

連載「決まり文句の研究」vol.8  「復帰への努力から逃げている」「自分から逃げてしまっている」「現実逃避している」……。 寝食を忘れてゲームや動画、そのほかインターネッ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 479号 2018/4/1

1日中ゲームを楽しめていたほうが、心は健全になる理由【不登校・ひきこもり相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.7  個人相談や家族会で、親御さんから本人の生活をうかがっていると、毎日ゲームをやっている人がほとんどです。寝食を忘れてゲームにのめり込んで...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 478号 2018/3/15

ひきこもる時間は、私の心と向き合う時間でした【ひきこもり当事者に聞く】

大学卒業後にひきこもった経験を持つ松原ゆきこさん(34歳・仮名)のインタビューを掲載する。聞き手・編集は、子ども若者編集部のPN猫田良子さん。――どんな子ども時代を送っていま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 477号 2018/3/1

不登校向けのアドバイスどおりに動いたのに子どもが動かない。私の対応は大丈夫?【相談員の回答】

連載「決まり文句の研究」vol.6  私は家族会を主催したり、講師やゲストアドバイザーなどで数カ所の親の会の例会に参加しています。すると「私の対応でいいのでしょうか?」とい...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 477号 2018/3/1

親亡き後を考えて、ひきこもりのわが子に残せるものとは【相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.5  今年に入ってから「40歳以上のひきこもり」を対象にした初の実態調査を行なうことを内閣府が発表しました。近年、ひきこもり状態の長期高年齢...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 476号 2018/2/15

「こだわり」の強いひきこもりにどう接すればいいのか ひきこもり相談員が解説

連載「決まり文句の研究」vol.4 「ひきこもりの人はこだわりが強い、だからひきこもりの状態が長期化しやすい」とも、よく言われます。 一般に「こだわり」とは「自分のなかでの...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 475号 2018/2/1

ゲームもしてるし話もできるのに「今後の話」を避けられるのはなぜ? ひきこもり相談員の答え

連載「決まり文句の研究」vol.3  親御さんのなかには「うちの子は家で気楽にすごしている」「働かなくても家に置いてもらえているので気楽なんだろう」と話してくださる方がいま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 474号 2018/1/15

バックナンバー(もっと見る)

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...