不登校新聞

253号(2008.11.1)

厄介な地上波デジタル 茂木涼岳

2014年06月19日 15:57 by nakajima_
 テレビが高くなった。10年前、14インチのビデオ内臓テレビは2万円台だった。今、同じ大きさの薄型テレビを買うとしたら、その3倍のお金がいる。だったら今のままのテレビでいいやと思えば、3年後には見れなくなるという。なんだそれは。

 国民全員に6万円以上のテレビ購入負担を強いる。チューナーをつければ今のままでも見れるというが、最低の性能のものでも5000円する。そしていつかテレビが壊れても、もう2万円のテレビはない。貧乏人にはテレビすら見れないのか?

 ネット社会なのだからもうテレビはいらない、と考える方もいるだろうが、テレビの需要は減らないと考える。意思をもって情報をクリックするネットに対して、テレビはただつけるだけで無限に情報が入ってくる。ラクなのだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...