不登校新聞

253号(2008.11.1)

厄介な地上波デジタル 茂木涼岳

2014年06月19日 15:57 by nakajima_
 テレビが高くなった。10年前、14インチのビデオ内臓テレビは2万円台だった。今、同じ大きさの薄型テレビを買うとしたら、その3倍のお金がいる。だったら今のままのテレビでいいやと思えば、3年後には見れなくなるという。なんだそれは。

 国民全員に6万円以上のテレビ購入負担を強いる。チューナーをつければ今のままでも見れるというが、最低の性能のものでも5000円する。そしていつかテレビが壊れても、もう2万円のテレビはない。貧乏人にはテレビすら見れないのか?

 ネット社会なのだからもうテレビはいらない、と考える方もいるだろうが、テレビの需要は減らないと考える。意思をもって情報をクリックするネットに対して、テレビはただつけるだけで無限に情報が入ってくる。ラクなのだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...