不登校新聞

253号(2008.11.1)

ひといき 小熊広宣・前澤佳介

2014年06月19日 16:14 by nakajima_

 あるこんにゃくゼリーが一時、製造中止になったそうだ。こんにゃくと言えばそれまで「食事」だった。味噌田楽かドラえもんの道具ぐらいで、若者の心をくすぐるような食べ物ではなかった。ところが、こんにゃくゼリーにより「おやつ」としてのこんにゃくという新境地が開拓されたのだ。

 「餅でも同様の事故は起きているのだから、消費者の自己責任ではないか」という声も聞かれるが否、餅は「食事」である。私は「おやつ」というニュアンスにこだわりたい。「おやつ」は本来子どものもので、安全に食べられない「おやつ」などもってのほか。かたちを小さくするとか、切り込みを入れるとか、何かしらの対策を講じていただきたい。私は大人だが、「おやつ」としてのこんにゃくゼリーが大好きなのだ。 (東京編集局・小熊広宣)

* 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...