不登校新聞

253号(2008.11.1)

第7回 「前へならえ」で自ら判断する子は育つのか

2014年06月19日 15:46 by nakajima_
 

連載「学校のナゼ」


 2面で連載していた「学校のナゼ」をリニューアルし、今号から3面にて連載を開始する。今回の執筆者は元小学校教員の湯本雅典さん。今号より5回に渡って、元教師という視点から「学校のナゼ」について執筆していただく。今回のテーマは「気をつけ」と「前へならえ」。

 今から28年前、僕が新卒教員だったころ、学校の仕事で一番嫌だったのが朝礼台の上で「号令」をかけることだった。

 毎週月曜日には、朝礼があって、「日直」の先生が「号令」をかける。500人以上の子どもたちの目が僕に集中している(ように見える)。その緊張感をふりはらうかのように、お腹に力を入れて、まず怒鳴るのが「気をつけ!」「前へ、ならえ」。そして「なおれ!」。それでもだめならおまけに「もう一度、前へ、ならえ!」「なおれ」。

 英語の授業が小学校に導入されたころ、この号令についてアドバイザーのカナダ人に聞いてみた。「『気をつけ!』というのはどう言うの」と聞くと、彼は、かなり悩んで、「そんなのカナダではありません」とのことだった。強いて言えば「アテンション!」かもしれないとのこと。「アテンション!」、直訳すると「注目」である。しかし、これは軍隊用語なのだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...