11月23日、東京シューレ葛飾中学校にて、フリースクール全国フェスティバルが開催された(主催・NPO法人フリースクール全国ネットワーク)。フリースクールフェスティバルとは、01年に「フリースクールからのカルチャー発信」をテーマに始まったイベントのこと。毎年、全国各地でイベントが開催されている。今年の全国フェスティバルは福島県や香川県からも参加者が見られ、500名の参加者が集った。

 今年の全国フェスティバルも、子ども市、バンド演奏、講演会、シンポジウム、爬虫類鑑賞室、映像や絵画の作品出典などで盛り上がった。

 食堂に設置された子ども市では、おにぎり屋や定食屋などの食べ物を売る店から、お菓子や洋服・カバンを売る店など7店舗が居並んだ。定食屋「九州フェア」は、東京シューレの子どもたちが今年の夏、熊本県水俣市に旅行したことを受けて開いたお店。売られていた「うまか定食」は、水俣産のひじき、じゃこ、さつまいも、さつま揚げをつかった料理が並び、限定60食はすぐに完売となった。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。