東京シューレ葛飾中学校一年生の父親です。子どもは、小学校4年生2学期の2日目から登校をしていません。現在は、東京シューレ葛飾中学校の「ホームスクールホーム」という家庭を中心に育つ子のホームに在籍させていただいています。

 小学生のころ、不登校になってから、子どもはよく「ひまだ」と家内や私に訴えました。ときには、つらそうに。「ひまだ」という言葉が、たんに「ひまで退屈だから相手をしてほしい」という意味ではなく、「自分のつらさをわかってほしい」という意味であろうと想像しました。しかし、想像しても、どうすれば子どものつらさを解消できるかわからず、親としてもつらい思いでした。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。