不登校新聞

329号(2012.1.1)

新年の声「働くってなんだろ」

2013年05月23日 15:07 by kito-shin


 なんといっても、一番スリリングだったのは『安心ひきこもりライフ』をひっさげて全国ツアーをくり広げる宣言をした勝山実さんをお招きしたことでしょうか。

 なにが一番すごかったかというと、じつは『安心ひきこもりライフ』、一時、出版立ち消え状態になっていたんです。もちろん、ツアー自体も消滅に陥り、今年の1月に北海道に来てもらう予定も無期延期状態に……。その間、編集者の伊藤書佳さんがいろんな出版社に売り込んでいただき、なんとか数カ月後に出版。やった! よかったね。「予告だけに終わるのか?」と思われた北海道ツアーも実現しました。それが今年8月26日のことでした。

 ところがもう一つ、心配がありました。講演会の日程も決まり、チラシもつくり、宣伝もし、勝山さんから「飛行機のチケットを買いましたよ」と連絡が入ってなお心配なことです。それは勝山さんが言うところの「バックレあり」ってヤツ。もしも勝山さんが本当にバックれたら、会場に来なくなったらどうするのか。これが本当に心配でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

490号 2018/9/15

ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら

490号 2018/9/15

就職も結婚もゴールじゃなかった おさんぽ女子会が喜ばれるワケ

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...