不登校新聞

321号(2011.9.1)

ジャズピアニスト/パナソニック社会文化グループ・小川理子さんに聞く(下)

2013年08月05日 14:14 by kito-shin



心で感じたことが本物の幸せ


 前号ではジャズピアニストであり、パナソニック株式会社社会文化グループの小川理子さんに仕事や音楽についてをうかがった。今号は子ども若者編集部が各々持っている疑問をぶつけた。

――私が不登校を通して感じたのは、父が私に求める愛のかたちと私が父に求める愛のかたちがちがったということです。「愛ってなんだろう」と考えさせられました。小川さん、「愛」ってなんだと思いますか?
 まず自分を好きになることはとても大切だと思います。自分のどこが好きなのか、それを大切にしてほしいと思っています。愛に通じるとても大事なことは「大切にする」ということです。自分を大切にできなかったら、きっとほかのものも大切にできないでしょう。

 愛には、いろんなかたちがあります。親、兄弟、主人、同僚……、それぞれに対する愛のかたちがちがう。どうして愛が生まれるのか、それはある関係性のなかで、「自分が相手のためになにかしたい」という気持ちになるからじゃないでしょうか。先ほど、お父さんが求める愛とあなたが求める愛のかたちはちがうという話がありました。たぶん、その「求める気持ち」のなかに「こうしたい」という気持ちが隠れているように思います。それは人や動物だけでなく音楽だって同じです。私が実感を通して言えるのは「愛とは相手になにかをしてあげたいと思った気持ち」、それではないかと思うんです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「中動態の世界」から見た不登校 意志という幻想が奪った言葉

488号 2018/8/15

なぜ学校へ行けない子がいるのか、その根本に広がる社会的錯覚

485号 2018/7/1

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...