不登校新聞

427号 2016/2/1

書籍紹介『安心して絶望できる人生』

2016年01月29日 17:57 by koguma



 最近、取材をするなかで、「当事者研究」の第二次ブームが来ているな、と感じることがあります。ざっくり言うと「当事者が仲間や関係者とともに、自ら抱える生きづらさを研究者の視点で解き明かしていく」という試みのことです。扱うテーマも不登校、ひきこもり、大人の発達障害など多岐に渡ります。
 
 その走りが北海道にある「浦河べてるの家」、本書の舞台です。「浦河べてるの家」では統合失調症などの精神病を抱えた人たちが集まって「当事者研究」を続けています。また、日高昆布の販売をするなど、生活する場、働く場、ケアをする場という3本柱を軸に100名以上の当事者が暮らしています。
 
 最初に読んだとき、「引っ掛かり」の連続でした。だって『安心して絶望できる人生』というタイトルからすでに気になってしかたがない。誰だって絶望したくないからこそ、トラブルを事前に回避すべく、必死になるわけですから。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...