不登校新聞

437号 2016/7/1

「発達障害」と「不登校」不登校の歴史vol.437

2016年06月27日 12:07 by kito-shin



 フリースクールでも、親の会でも、相談機関でも、医療関係の学会でも、発達障害・自閉症スペクトラムと不登校が結びつけられて語られるようになり、どう考えたらいいか、非常に関心が持たれるようになった。あちらでもこちらでも、発達障害とはなにか、どう関わったらいいかが語られ、学者、研究者、医師、特別支援学校の教師などが講師になっての講演会、学習会が各地で開かれ、多くの本が出版された。
 
 フリースクールの保護者会や、地域の不登校の親の会、相談電話のなかでは「うちの子はなにかの発達障害ではないかと思うが、診断を受けるべきかどうかで悩んでいる」という親の方が多くいた。
 
 「診断を受けてよかった」と言う人は「うちの子はどうして、こうなんだろうと悩んでいたがわけがわかってすっきりした」「やっと先生がわかってくれた」「サポートを受けやすくなった」などの理由を言っていた。
 
 一方、「診断を受けないほうがいいのでは」と思っている親は「そういうレッテルを貼られるのがイヤ」「〇〇障害だからと薬を飲まされるようになった」「自分も『〇〇障害だから』と見るようになった」などの意見だった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...