不登校新聞

437号 2016/7/1

各党の不登校・ひきこもり政策は?【参院選直前特集】

2016年06月27日 19:22 by kito-shin
2016年06月27日 19:22 by kito-shin



 2016年7月10日投開票の参議院選挙に向け、本紙では全政党に不登校・ひきこもりに関わる政策アンケートを行なった(8政党が回答)。各党に聞いた政策は4点。①教育機会確保法案について、②不登校について、③ひきこもりについて、④長期休み明けの子ども自殺対策について。(各政党の回答はこちら)

 各政党からの回答で、とくにちがいが見られたのは「長期休み明けの子ども自殺対策について」だった。
 
 2015年7月、内閣府は過去40年間の累計日別自殺者数を発表。18歳以下の子どもの自殺は、4月上旬や9月上旬など「長期の休み明け」に突出していたことが明らかになった。本紙では創刊時より、この問題を指摘し、昨年は緊急号外を発行した。「長期休み明けの子ども自殺対策」についての各政党の回答は、大まかに言って2つの傾向が見られた。ひとつは「子どもの心」を変化させていくことに重点を置いた回答。もう一方は、自殺に追い詰められていった「子どもの背景」に着目し、周囲の環境改善に重点を置いた回答だった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・教員を理由とした不登校 教員と子どもの認識に数十倍の開き【全文公開】

592号 2022/12/15

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…