不登校新聞

306号(2011.1.15)

ベーシック・インカム 第7回

2013年07月30日 14:31 by kito-shin


ベーシック・インカムは所得税45%で実現可能

 「ベーシック・インカム、たいへんけっこうです。でもそんな財源あるんですか?」これは誰でも考えますね。当然です。もし、毎月8万円のベーシック・インカムが実現したら、一人あたり年に96万円、日本全体で年に115兆円かかります。これがベラボーな数字なのです。2010年度の国家予算は89兆円でした。国家税収にいたっては、37兆円でした。

 「実現不可能。ハイ、おしまい」となってしまいそうですね。でも、そこで留まらないで深く検討を重ねる人たちがいたので、ベーシック・インカムが現実的な話になってきたのです。ベーシック・インカムの財源としていくつかの案が出ていますが、そのうちで一番わかりやすいのは所得税案です。けっして所得税案がベストだということではありません。しかし、所得税案がいちばんわかりやすいです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...