不登校新聞

306号(2011.1.15)

声「"自閉症"診断の危うさ」

2013年12月20日 14:40 by kito-shin


2011年1月号の日経サイエンスで、「自閉症”治療”の危うさ」が紹介されていた。それによると、アメリカでは自閉症の診断数が増えてきている。その自閉症と診断された子どもたちの75%が代替医療を受けている。自閉症治療での安全性や有効性がまったく確かめらないまま薬が投与されている事実が報告されていた。

  この記事では、自閉症治療の危うさを強調していても、自閉症診断の危うさにはまったく触れていません。自閉症診断の危うさがあるから、自閉症治療の危うさが生じている事実に気づいていません。自閉症と診断されている子どもたちは、自閉症という概念で表面上は理解できても、その内容は、子どもの心のなかは、大きく異なっているという事実を意味していると考えられます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...