不登校新聞

306号(2011.1.15)

不登校の歴史「保護者の想いは」 第306回

2013年08月05日 15:49 by kito-shin


居場所の保護者が望むこと


 フリースクールに子どもを通わせている保護者は、どんなことを望んでいるだろうか。

 2003年に、フリースクール全国ネットワークが行なった調査が「フリースクール白書」として刊行されており、本欄では、団体調査、子ども調査に引き続き、保護者調査の概要を紹介しているところである。

 「フリースクールに対して改善してほしい点」について質問すると、その回答の第1位は「会員が増えてほしい」(47%)、第2位は「会費を下げてほしい」(24・2%)、第3位は「スタッフの人数を増やしてほしい」(22%)。以下、「場所が近くなってほしい」「通うための奨学金がほしい」など、切実なものが多かった(複数回答)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...