不登校新聞

493号 2018/11/1

「発達障害」その診断よりも大事な子どもを見る視点は

2018年10月26日 10:11 by kito-shin



 「不登校と医療」というテーマで毎年夏の「登校拒否・不登校を考える全国大会」で分科会を担当させてもらっているが、今年の分科会に参加された人のお子さんの大多数が「発達障害」という診断を受けていた。

 これは安易に発達障害という診断名を使う医療機関が多くなったのか、不登校の理由のひとつとして障害が使いやすくなってきたのかと考えさせられた。

 発達障害が名前のとおりに障害であれば、その子どもたちは特別支援学級に編入しなければならないと思うのだが、学校関係者からはそんな話は聞いたことがない。診断されても多くの子どもは普通学級に身を置いている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...