不登校新聞

493号 2018/11/1

別室登校だから始まった私の「新しいこと」【別室登校中の14歳手記】

2018年10月26日 11:11 by kito-shin



連載「ただいま別室登校中!」vol.23

 この連載も、あと少しで終わりになります。小学校、中学校とふり返ってきて、いよいよ現在の私に近づいてきています。

 今回は、最近になって始めたことを書きます。それは料理です。週に5日、平日の夜は、私を含めた家族4人分の夕食をつくっています。

 「料理ができるようになりたい」と思ったのは私自身です。将来の夢などはまだまったくわかりませんが、それでもひとりで生きていくための準備を、今のうちからしておきたいと思いました。

生活するのに食べることは必要不可欠です。なので、料理の技術を身につけようと決意しました。そして、私の決意を母に話しました。

 すると母は「ぜひ料理を覚えてほしい、私も楽になるし」と喜んでOKしてくれました。

料理の始め方「宅配サービス」で

 とはいえ、母も働いているので、私に料理を教える時間などありません。そこで、食材の宅配サービスを利用することになりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

1年間、連載を続けて私が私に思うこと【別室登校中の14歳手記】

494号 2018/11/15

初めて学校が楽しいと思った日が一変した「ジャックダニエル事件」【別室登校中の14歳手記】

492号 2018/10/15

先生から突然告げられた「別室への転居」【別室登校中の14歳手記】

491号 2018/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...