不登校新聞

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

2019年07月12日 13:56 by kito-shin

 少年事件の弁護や子どもの人権を守るための人権相談・学校事故や体罰など学校での子どもの人権侵害の救済など、子どもの人権の分野での幅広い活動で知られた弁護士の津田玄児さんが6月27日、84歳で逝去された。

 07年5月、津田さんは、「おおむね12歳」で少年院に収容できるものとした法改正の直前だったが、本紙が『Fonte』だった当時の論説で「なぜ少年法改正か?」と題して一人ひとりの子どもの「育ち」を大切にする少年法制を崩すものと厳しく批判しておられた。

 いま少年法適用年齢を18歳未満に引下げる法案が少年法制をさらに形骸化させようとする状況を前に、津田さんはどんなに心残りであろうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりUXが「自助会の作り方講座」全国キャラバンへ

514号 2019/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

514号 2019/9/15

不登校・ひきこもりイベント情報

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...