不登校新聞

510号 2019/7/15

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

2019年07月12日 16:17 by kito-shin


 不登校の子どもたちのなかには、学校へ行っていない自分を責めすぎるあまり、自分で自身を傷つけてしまう場合があります。

 直接的なものとしては「リストカット」に代表される自傷行為があります。また、間接的なものとしては「薬物依存」や「摂食障害」などがあげられます。

 いずれにせよ、子どもたちのそうした行動を目の当たりにしたとき、医学の専門家でもない親はどう対応すればよいのか、迷ってしまうことがあります。その際の指針となる1冊をご紹介します。

 本書の著者である松本俊彦さんは精神科医として、自傷行為をする子どもたちのカウンセリングはもちろん、自傷行為に関する調査研究もしています。

 松本先生らの調査によると、10代の子どもたちのおよそ1割が自傷行為を経験しているという結果が出ています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

ひといき

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...