不登校新聞

510号 2019/7/15

「私の育て方が悪かったのかな」そんなとき救われた夫からの言葉

2019年07月12日 16:23 by kito-shin



 息子はとっても慎重派。4歳だった当時、ほかの子は問題なくできることを躊躇する、家以外の場所に安心を感じられず、ママと離れることができない子どもでした。

 息子の幼稚園入園まであと半年になったころ。なんとか準備を整えなければ、ママ離れはかなり難航しそうだと感じていました。

 きっと、そのまま入園の時期を迎えても、本人の心に傷を残さずに園生活に移行できないだろう、と。



幼稚園を見学に行こう

 まずは、幼稚園はどういう場所なのか、本人に早めに把握してもらったほうがよいと考えて、見学をさせてもらいました。

 先生や園児のみんなの歓迎で、たけるは幼稚園がすっかり気にいり、「明日も行きたい!」という予想外の展開に驚きました。

 ところが、幼稚園生になったら、行くのは自分だけで、ママはいっしょじゃないということを知った息子は「だったら行かない」と言いました。楽しいのはママといっしょだから。そうでなければ楽しくないと言うのです。

 「困ったな、私の育て方が悪かったのかな……」。

 ふと、そう口にした私への夫の言葉は、徹底して息子に寄り添ったものでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「息子をがんばらせすぎたのかも」方針を見失った私への夫の助言

520号 2019/12/15

「ここを乗り越えたら成長する」背中を押された息子が見せた表情

519号 2019/12/1

HSCの息子の反応、運動会の練習でつまづいた結果

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...