不登校新聞

537号 2020/9/1

「これからどうする」と聞かれても親だって困る【祖父母と孫の不登校】

2020年08月30日 13:03 by kito-shin


祖父から届いた父への手紙

 息子が不登校になってから数カ月後のこと。近所に住む祖父が父親に「どうなっているのか?」といろいろと聞くようになった。

 父親にとっても不登校のことは受けいれがたい状態。今後、息子はどうなるのかと迷っている真っただなかで、説明を求められたり、方針を聞かれたりしても、まともに話すことすらできない。

 母親である私も同じような状態なので、私たち家族は祖父母と距離を取ることにした。すると祖父から父親への手紙が届いた(下記の写真参照)。

 手紙を読むと、祖父が心から心配していることはわかるが、「ひきこもりは薬で治るそうだ」など誤解も多い。手紙は「会って今後のことを話したい」という趣旨なのだが、私たちはどうしても冷静に話せる状態ではないのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

「生きててごめん」不登校の息子を追い詰めてしまった私の一言

550号 2021/3/15

学校へ行かない息子を信じて待てなかった理由

549号 2021/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...