不登校新聞

537号 2020/9/1

ひきこもりの僕が被災地で見た同じ苦しみを抱える人たち

2020年09月11日 16:08 by shiko

連載「ひきこもって見えてきた道」vol.3

 小学6年生で不登校をし、20歳のころの就職を機にひきこもりをしていた僕は、家族や社会に罪悪感を持ちながら生活していた。

 そんななか、2011年の東日本大震災が起き、悩みながらも被災地のボランティアセンターへ赴くことになった。

 僕の活動は、ボランティアセンターに寝泊まりしながら、仮設住宅に訪問して被災者の要望を聞き取り、必要な物資を被災者に届けるというボランティア活動だった。

 他人と接するのが以前から苦手だった僕は、緊張しながらも訪問活動を続けていた。

 とある仮設住宅に訪問したとき、ひとり暮らしをしているおばあちゃんと出会った。僕はおばあちゃんに「何か必要な物資はありますか?」と尋ねると、おばあちゃんは涙を流して、こう言った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

僕が居場所を見つけるまで。ひきこもり青年が安心できた理由

538号 2020/9/15

ガチひきこもりのまま、震災現場で働いた日々のこと

536号 2020/8/15

「原因がわからなかった僕の不登校」に寄り添ってくれた母

534号 2020/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...