不登校新聞

539号 2020/10/1

「すべてがストップしてしまう」息子が不登校になって心配だったこと

2020年09月29日 14:27 by kito-shin

 息子は中学1年生のとき、学校へ行かなくなった。

 このころ私は「行かせなきゃ」という思いばかりで、子どもの気持ちを考えていなかったのだと思う。息子も私も必死で、かなり荒れていたので手や言葉の暴力が出て闘った。

 スクールカウンセラーに現状を話したり、不登校の親の会に参加したりして、気持ちを吐き出すことで少しずつ私自身が落ち着き、いつのまにか学校へ行ってほしい気持ちはあっても「行かせなきゃ」とは思わなくなった。私がそう思えたころからは息子も落ち着いてきた。

 私が「行かせなきゃ」と思っていたのは、まわりの目を気にし、体裁や自己満足のため、息子を支配していただけだった気もする。

体育大会が見たくて息子を無理に学校へ

 よく思い出すのは中学3年生の体育大会。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「アドバイスしないようにする」不登校の親の会代表に聞く支援論

541号 2020/11/1

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

538号 2020/9/15

「これからどうする」と聞かれても親だって困る【祖父母と孫の不登校】

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。