不登校新聞

542号 2020/11/15

コロナ状況と不登校 不登校の歴史vol.542

2020年11月15日 10:59 by kito-shin
2020年11月15日 10:59 by kito-shin

 2020年のお正月には、誰も想定していなかった新型コロナウイルス感染は、地球規模に拡がり、パンデミック現象を引き起こした。

 新聞によると11月2日現在、世界の感染者4608万人、死者119万人、日本でも感染者10万人、死者1775人を数えている。

 このコロナ渦状況は、不登校の世界にも、もちろんさまざまな影響を与えた。多くの学校やフリースクールは、3月、4月、5月は休校状態にあった。

 ステイホームが勧奨され、出勤・登校は自粛というなかで、不登校の子どもや家庭は落ち着いていたし、子どもは元気で、意欲的だった子が多いと感じた。

 みなが在宅で暮らしている日常は、不登校で家にいる自分へのプレッシャーが軽かったのでは、と思われる。

 「僕、ふつうだね」と明るい顔で子どもに言われた、と親の一人から聞いた。

 まもなく多くの学校やフリースクールが、オンラインによるコミュニケーションや学習、子ども活動を始めた。

 集団が苦手、人のなかに入るのは怖いと感じている子にとっては、リアルに教室で授業を受けるよりやりやすかった子がかなりいた。

 そして、6月より部分登校、分散登校が始まり、少人数ずつのイメージに登校するようになった子、オンライン授業が助走期間になったのか、授業に出るようになった子もいた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

599号 2023/4/1

編集後記

599号 2023/4/1

『不登校新聞』のおすすめ

598号 2023/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

599号 2023/4/1

現在小学3年生の息子を持つ母親・カナコさんは、息子が元気になったサインを待ち続…

598号 2023/3/15

毎日の出席連絡や学校からの配布物など、不登校中の悩みの種になる学校対応。元公立…

597号 2023/3/1

「うちは学校をやめます」。小1の娘が不登校したとき、母親の天棚シノコさんは夫と…