不登校新聞

542号 2020/11/15

不登校になった子はもっと学校を責めていい説【仮説なんですが】

2020年11月15日 13:35 by kito-shin


まつむしさん

連載「仮説なんですが…」vol.39

 私は小学校の教員を6年間経験し、今はWEBライターをしている。教員になる前、不登校についての私の考え方は「不登校の子は学校になじめない、変わっている子」というものだった。

 しかし、教員になってみて不登校に対する考え方が180度変わった。「不登校は誰にでも起こりうる」と思うようになったのだ。

 なぜなら、人間関係に困っていたり、生活が苦しかったりしても楽しそうに学校へ来る子がいた一方で、同じ状況でも不登校になる子もいたからだ。

 ある程度、教員をやっていると、どのクラスにも不登校になりそうな子が存在することがわかる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「よい場には、ちょうどいいゆるさが必要である」説

548号 2021/2/15

不登校への印象を明るくするだけで、はたして不登校は解決するのか

547号 2021/2/1

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

546号 2021/1/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...