不登校新聞

545号 2021/1/1

「葛藤が生まれたとき、その答えも生まれている」説

2020年12月24日 15:10 by motegiryoga


『ひきポス』編集長/石崎森人さん

連載「仮説なんですが…」vol.41

 「学校へ行かなきゃいけないのに、行く気がしない……」。「起きなきゃいけないのに、起きる気力がわかない」。みんなこうして葛藤しますよね。何も悩まず生きられればいいのに、葛藤なんて人生のムダだ。そう思っちゃいますよね。だけど最近、あることに気づきました。

 葛藤が生まれたとき、すでにその答えは、自分自身の心の奥にあると。

 葛藤は、大きくわけると、3つの要素に分解できると考えます。「ありたい自分」「そのためにやらなきゃいけないこと」「本当にやりたいこと」です。

 たとえば、「働かなきゃいけないのに、何もする気が起きない」の場合だと「ありたい自分」はバリバリ働いてまわりに「認められている自分」。「そのためにやらなきゃいけないこと」は「働くこと」、「本当にやりたいこと」は「休息すること」。葛藤状態は、この一連の状態のどこかに、本心では望んでいないことが入っているから起きるんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...