不登校新聞

545号 2021/1/1

「葛藤が生まれたとき、その答えも生まれている」説

2020年12月24日 15:10 by motegiryoga


『ひきポス』編集長/石崎森人さん

連載「仮説なんですが…」vol.41

 「学校へ行かなきゃいけないのに、行く気がしない……」。「起きなきゃいけないのに、起きる気力がわかない」。みんなこうして葛藤しますよね。何も悩まず生きられればいいのに、葛藤なんて人生のムダだ。そう思っちゃいますよね。だけど最近、あることに気づきました。

 葛藤が生まれたとき、すでにその答えは、自分自身の心の奥にあると。

 葛藤は、大きくわけると、3つの要素に分解できると考えます。「ありたい自分」「そのためにやらなきゃいけないこと」「本当にやりたいこと」です。

 たとえば、「働かなきゃいけないのに、何もする気が起きない」の場合だと「ありたい自分」はバリバリ働いてまわりに「認められている自分」。「そのためにやらなきゃいけないこと」は「働くこと」、「本当にやりたいこと」は「休息すること」。葛藤状態は、この一連の状態のどこかに、本心では望んでいないことが入っているから起きるんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

546号 2021/1/15

教育学者・内田良が「校則はもっとゆるくていい」と考える理由

544号 2020/12/15

小1から14年ひきこもった女性がキャバクラで働いて気づいたこと

543号 2020/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...

543号 2020/12/1

「不登校の理由にわかりやすさのみを求めることは暴力的です」と語るフリーライ...