不登校新聞

559号 2021/8/1

子どもから死にたいと言われた時、大人の対応に必要な3つの原則

2021年07月29日 16:59 by kito-shin
2021年07月29日 16:59 by kito-shin

 2020年、子どもの自殺は499人と過去最多となりました。不登校経験者のインタビューのなかにも「死にたいと考えたことがある」という話がしばしば出ます。では、親として、子どもの支援者として、子どもから「死にたい」と打ち明けられたとき、大人はどう向き合えばよいのか。薬物依存症や自傷行為などが専門の精神科医・松本俊彦さんは「3つの原則」があるとおっしゃいます。その「3つの原則」とは。

* * *

今回ご紹介する書籍は、子どもの自傷について取り上げるとともに、子どもの自殺予防について、大人が考えるべきこと、すべきことについて、精神科医の松本俊彦さんがまとめたものです。本書には、松本さんが考える「子どもに関わる支援者のみならず、親にも知っておいてほしいこと」が詰まっています。

 子どもから「死にたい」と告白されたときに必要な対応は何か、松本さんは3つの原則を紹介しています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…