不登校新聞

560号 2021/8/15

ホームスクール家庭164世帯を調査、月額費用2万円以下が半数に

2021年08月12日 16:12 by kito-shin

 「家庭を拠点とした教育・学び」をホームスクーリングまたはホームエデュケーションと呼びます。それを実践する家庭を対象にした全国規模でのアンケート調査結果が今年5月、発表されました。「家庭を拠点とした教育・学び」の費用に毎月いくらかけているのか。ホームスクーリングを始めたきっかけは何か。アンケートに回答した164世帯の声から見えるホームスクール家庭の実状とは。

* * *

 今回は前回アンケートで未調査だった「家庭を拠点とした教育・学び」について、子ども1人あたりにかかる月額費用について調査を実施。もっとも多かったのは「5000円~1万円未満」で20・1%だった。ついで多かったのは「1万5000円~2万円未満」で15・9%であり、▼「2万円~2万5000円未満」(9・1%)▼「0円~2500円未満」(8・5%)と続いた。子ども1人あたりの月額費用については世帯ごとに幅があるものの、「2万円未満」と回答した世帯を合計すると50・0%と半数だった。

経済的支援を

 経済的な問題は、保護者の要望(複数回答)についてたずねた結果からもうかがえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は問題でないが未然防止が重要っておかしくないですか?

568号 2021/12/15

不登校19万人超 不登校新聞編集長が提言する学校改革の道筋は

567号 2021/12/1

学校行きたくないが4割 調査で小中高生の今のつらさが明らかに

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...