不登校新聞

560号 2021/8/15

ホームスクール家庭164世帯を調査、月額費用2万円以下が半数に

2021年08月12日 16:12 by kito-shin

 「家庭を拠点とした教育・学び」をホームスクーリングまたはホームエデュケーションと呼びます。それを実践する家庭を対象にした全国規模でのアンケート調査結果が今年5月、発表されました。「家庭を拠点とした教育・学び」の費用に毎月いくらかけているのか。ホームスクーリングを始めたきっかけは何か。アンケートに回答した164世帯の声から見えるホームスクール家庭の実状とは。

* * *

 今回は前回アンケートで未調査だった「家庭を拠点とした教育・学び」について、子ども1人あたりにかかる月額費用について調査を実施。もっとも多かったのは「5000円~1万円未満」で20・1%だった。ついで多かったのは「1万5000円~2万円未満」で15・9%であり、▼「2万円~2万5000円未満」(9・1%)▼「0円~2500円未満」(8・5%)と続いた。子ども1人あたりの月額費用については世帯ごとに幅があるものの、「2万円未満」と回答した世帯を合計すると50・0%と半数だった。

経済的支援を

 経済的な問題は、保護者の要望(複数回答)についてたずねた結果からもうかがえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

自傷行為の手当の方法や相談先を集約したリーフレットを医師らが無料公開

578号 2022/5/15

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...