不登校新聞

562号 2021/9/15

なぜ不登校の子は朝がつらいのか。元当事者が語る理由と具体的対応

2021年09月15日 16:59 by kito-shin
2021年09月15日 16:59 by kito-shin

 新連載「元当事者からの不登校対応マニュアル」を掲載します。元不登校であり、現在はひきこもり支援員である執筆者が語る不登校対応のしかた、初回は「昼夜逆転」についてです(画像はイメージです)。

* * *

 初めまして。長崎市を中心に不登校やひきこもりなどに関わる活動をしている古豊慶彦と申します。私自身は中・高で不登校の経験があり、高校は退学しています。

 不登校に関わる活動をするなかで、昼夜逆転についてのお話をよく耳にします。学校から「まずは生活習慣から直そう」とか、「朝起きられるようになりましょう」と言われたという話や、「学校は行けなくてもいいけど、朝はちゃんと起きてほしい」という親御さんの声も聞いたことあります。

 私自身不登校していたとき、昼夜逆転していました。そのとき親からは「学校へ行かなくても、朝ご飯は家族いっしょに食べよう」と言われ、一時期はちょっとしたルールのようになっていましたが、私にとって不登校中の家族との朝食の時間は居心地の悪い時間でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

寝るでも逃げるでもいい、つらさを乗り切る「術」を見つけて

577号 2022/5/1

不登校の子どもの心が回復するために必要な3つの対応

576号 2022/4/15

不登校・ひきこもりの子どもと話をしたいと思ったとき

575号 2022/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…