不登校新聞

576号 2022/4/15

小学6年生で不登校を経験した私が、学校で教えてほしかったこと

2022年04月11日 15:17 by kito-shin

 学校で学べることとは、どんなことでしょうか。学問や友達付き合いなど学べること、学びたいことは人によって様々だと思います。今回の執筆者は、人生における大切なことのほとんどを学校の外で学んできたという富良野しおんさん。不登校を経験した彼女は「1つだけ学校で教えてほしかったと思うことがある」といいます。

* * *

 私はクラスメイトからのいじめをきっかけに小学6年生の夏休み明け、不登校になった。それから中学卒業まで学校へは1度も通わず、高校は通信制高校へと進学した。小学6年生までのあいだにも1年生、3年生、5年生とすこしずつ不登校になっていたので、義務教育の9年間のなかで学校へ通った期間は半分もないかもしれない。

 そんな経歴なので、人生のほとんどのことは学校の外で学んできた。人との付き合い方や言葉のマナー、他人を思いやることなどは、全部学校の外で教えてもらった。学校で学んだことといえば、基本的な漢字や計算、あとは同級生との人間関係の難しさだけかもしれない。

 それでも学校を恨んでいないし、自分の不登校も後悔はしていない。ただ、私には学校で教えてほしかったなと思うことが1つだけある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

偏差値37から大学へ 実体験から考える不登校からの勉強で大事なこと

580号 2022/6/15

「学校は毎日通わなければ」と思っていた私が自分のペースで学校と付き合えるようになるまで

580号 2022/6/15

映像会社で働く僕が不登校経験を「こんなもん」と思えた理由

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...