不登校新聞

576号 2022/4/15

小学6年生で不登校を経験した私が、学校で教えてほしかったこと

2022年04月11日 15:17 by kito-shin
2022年04月11日 15:17 by kito-shin

 学校で学べることとは、どんなことでしょうか。学問や友達付き合いなど学べること、学びたいことは人によって様々だと思います。今回の執筆者は、人生における大切なことのほとんどを学校の外で学んできたという富良野しおんさん。不登校を経験した彼女は「1つだけ学校で教えてほしかったと思うことがある」といいます。

* * *

 私はクラスメイトからのいじめをきっかけに小学6年生の夏休み明け、不登校になった。それから中学卒業まで学校へは1度も通わず、高校は通信制高校へと進学した。小学6年生までのあいだにも1年生、3年生、5年生とすこしずつ不登校になっていたので、義務教育の9年間のなかで学校へ通った期間は半分もないかもしれない。

 そんな経歴なので、人生のほとんどのことは学校の外で学んできた。人との付き合い方や言葉のマナー、他人を思いやることなどは、全部学校の外で教えてもらった。学校で学んだことといえば、基本的な漢字や計算、あとは同級生との人間関係の難しさだけかもしれない。

 それでも学校を恨んでいないし、自分の不登校も後悔はしていない。ただ、私には学校で教えてほしかったなと思うことが1つだけある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高3なのにレポートが手つかず 通信制を卒業するために私がしたこと

587号 2022/10/1

クラスメイト全員から不登校の子に届く「学校おいでよ」の手紙は苦痛です

586号 2022/9/15

「うつ病の一歩手前」と診断 夏休み明けに不登校した私を救った一言

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…