不登校新聞

602号 2023/5/15

ゲームに飽きたら心が回復したサイン 不登校経験者から見た「ゲームと不登校」

2023年05月09日 14:43 by kito-shin
2023年05月09日 14:43 by kito-shin

 中学2年で不登校になって以来、家でずっとゲームをやっていたという、しろとりゆうきさん。しかしゲームをやっていたからこそ心が回復できたと言います。現在は大学生のしろとりさんが、「ゲームと不登校」について書きました。

* * *

 不登校になるとゲームに熱中する人は多いでしょう。遊んでばかりいてよいのか、と問いたくなるかもしれません。でも、ゲームをするくらいしか心の余裕がなく、そしてゲームがその人にとっての回復手段であることも、多いのではないかと思います。すくなくとも、僕の場合はそうでした。

 僕は勉強や部活、人間関係など、さまざまな苦悩やトラブルが原因で中学2年の9月に不登校になってから、どんなことに対してもやる気が起きませんでした。家に届けられる宿題はやらず、外へ出て体を動かそうともしない日々が続きました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死のうとしたけど生きたかった」いじめにより不登校した女性が語る「生きることの意味」

626号 2024/5/15

「不登校から文科省職員に」異色の経歴を持つ藤井健人さんが目指すのは「不登校という格差」の是正

626号 2024/5/15

「親子関係は?元気になったきっかけは?」3人の経験者が語る私の不登校とその後

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…