不登校新聞

273号(2009.9.1)

大人の義務も示す宣言 喜多明人

2014年02月04日 15:38 by nakajima_
 
 
 今年2009年は子どもの権利条約採択20周年。条約普及に力を尽くされている子どもの権利ネットワーク代表の喜多明人さんにお話をうかがった。喜多さんには、「不登校の子どもの権利宣言」の位置づけなどをうかがった。

――まずは「不登校の子どもの権利宣言」についての感想からお願いします。
 子どもたち自身が「子どもの権利」に関心を持ち、半年間も主体的な学習会を持ち続けて、自分たちの権利宣言をつくろうとしたこと、この動きに非常に感心していますし、大げさに言えば感動しています(笑)。ですから、権利宣言の動きを知った瞬間から「ぜひ手伝わせてほしい」と言ってきました。

 00年代以降の子どもたちは、とても受け身になってしまい、子どもが主体の活動が難しくなりました。そういう意味では、大人が子どもにアプローチする「子ども支援」のウェートがとても重要になってしまったわけです。こうしたなか、今回の権利宣言は本当に貴重な活動だと思っています。

――権利宣言のなかで印象的だった条項は?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...