不登校新聞

259号(2009.2.1)

ひといき

2015年01月19日 10:47 by nakajima_


 今年は世界天文年ということで各地でイベントが催される。ガリレオが天体望遠鏡を使って、初めて天体を観測してから400年の記念すべき年だ。

 東京では街灯の明かりが邪魔をして、星はほとんど見えない。星が見えたところで、私にはどれがオリオン座なのか分からない。それでも濃紺の空に名前もしない星がピカリと光っているのを見つけると、思わず空を見上げてしまう。光って見える星の光が、実は何百光年も前に光ったもので、もしかしたら今現在、その星はすでにないかもしれない。何百光年も前に放たれた光が何百光年も旅をして、やっと私の目にまで届くのかと思うと、なんだか不思議な気持ちになる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...