不登校新聞

259号(2009.2.1)

登園拒否に気がついて

2014年04月24日 12:30 by nakajima_


 幼稚園や保育園の子どもたちの登園しぶりや登園拒否の実態は、あまり知られていません。30数年にわたり従事してきた保健所での子育て相談では、年々増える傾向にあります。しかも登園圧力は小学生以上に強く加えられ、必死に抵抗しても無視される幼児の姿には痛ましいものがあります。

 幼い子は「いやだ」ということを、直接的にはっきり言います。「幼稚園(保育園)に行きたくない。お家にいる」「ママといっしょがいい」と。しかし、集団参加の第一歩は母子分離です。子どもが泣いていやだと言うのはあたり前という認識が保育現場にはあります。「泣いても喚いてもかまわないので連れてきてください」と保育者たちは戸惑う親を叱咤します。しかも近年、幼稚園の入園年齢が早くなり、かつては満4才入園(2年保育)か5才(1年保育)だったのが、満3歳入園(3年保育)や2歳(4年保育)も増えてきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校基本調査速報に見る、強まる投稿圧力 内田良子

201号 2006/9/1

論説 “心の非暴力”を 森英俊

202号 2006.9.15

論説 見つめるべき課題 明橋大二

205号 2006.11.1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...