不登校新聞

391号 (2014.8.1)

対話で解決するいじめ 多田元

2014年07月30日 17:47 by kito-shin


◎かがり火

 愛知県弁護士会の子どもの権利委員会は小・中学校でのいじめ予防出張授業の試みを始めた。 学校から依頼があると弁護士がチームを組んで出前で授業をする。

 授業では、まず誰でも平和に幸せに生きる権利を平等に持っていることや人権を守る弁護士の仕事の話をしたうえ、子どもたちに対して、いじめは悪いと言われるけれど、「いじめられる人も悪いのだろうか」と問う。多くの子どもが「そういう場合もある」と答える。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...