記事タイトル一覧

渡辺位さんの言葉「迷子をやめればいい」

記事テーマ:連載

連載「渡辺位さんの言葉」 渡辺位さんと歩いていて、迷子になったことがある。講演会のお迎えにあがったのだが、大阪駅から地下鉄への乗り換えで、知らない道ではないはずなのに、なぜか地下通路の迷路に入って…

kito-shin kito-shin

不登校その後 祖母の言葉が救いに

記事テーマ:当事者の声

シンポジウムのようす。写真右から、宗東博文さん、池本恭子さん、司会の本誌編集長の石井志昂。 6月28日に本紙主催の講演会を山口県で行なった。今回は同県在住の当事者2名のインタビューを掲載する。…

kito-shin kito-shin

最終回 生きているだけでありがとう

記事テーマ:連載

連載「孫の不登校」 ここ、3年~4年、祖父母の方が親の会に出席くださることが珍しくなくなり、また、電話や手紙のご相談のなかにも、お孫さんのお話が多くなってきました。そこで本紙では「孫の不登校」とい…

kito-shin kito-shin

書籍紹介 発達障害当事者研究

記事テーマ:その他

著者:綾屋 紗月、熊谷 晋一郎 出版:医学書院(TEL03-3817-5600) 発達障害当事者研究――。何だか小難しそうな本にも感じますが、発達障害の関連書籍のなかでも非常に読みやすい1冊…

kito-shin kito-shin

第391回 再び、不登校と医療

記事テーマ:連載

連載「不登校の歴史」 全国ネットワークが主催して全国10カ所で開催した「不登校と医療」についての講演会は「不登校と医療のいまを考える」という分厚い報告書としてまとめられ、誰でも読めるかたちで配布さ…

kito-shin kito-shin

対話で解決するいじめ 多田元

記事テーマ:その他

◎かがり火 愛知県弁護士会の子どもの権利委員会は小・中学校でのいじめ予防出張授業の試みを始めた。 学校から依頼があると弁護士がチームを組んで出前で授業をする。 授業では、まず誰でも平和に…

kito-shin kito-shin

どんだけ「だ行+ら行」やねん 山下耕平

記事テーマ:その他

@編集後記 うだるような暑さに、だるくて、だらだらだらけてしまう。からだがだらんとして力が入らず、あまりの蒸し暑さに、だらりと頭を下げてうなだれている。我ながらだらしがない、堕落している……と…

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…