不登校新聞

338号(2012.5.15)

研究論文『Fonte』分析から見えてきたこと

2013年07月30日 12:15 by kito-shin
◎最多キーワードは「学校」



 私は中学のときにいじめを受けて不登校になりました。その後いろいろ寄り道をして、心理系の大学院を修了しました。
 
 不登校について思うのは、「学校に一時的に通わないという経験が、なぜ本人や家族にとって非常に大きな問題となるのか。そして長い間に渡る生きづらさを与えるのか」ということでした。不登校の当事者の「語り」を分析することで、「生きづらさ」を理解するヒントが見えてくるのではないかと思い、研究テーマとしました。
 
 『不登校新聞』(現『Fonte』)は、私が不登校を始めたころに創刊され、母親が愛読していていました。当時の私は「不登校」という文字すら見るのがしんどかったのですが……。今回、不登校当事者の語りを研究するにあたり、当事者の声を発信する唯一の全国紙である『Fonte』は最適な資料であると考えました。
 
 今回の研究では『Fonte』に掲載された不登校経験者とその母親、父親の手記などの記事を電子テキストにしたものを分析対象としました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...