不登校新聞

401号 2015/1/1

かがり火 森英俊

2014年12月26日 12:10 by kito-shin


 新年のカレンダーに「一粒万倍」という言葉があった。一粒の種が万倍となって稲穂のように実るという意味から、わずかなものが非常に大きく成長することをいう。すべての子どもの意見が一粒万倍のごとく、社会に反映されることを新年にあたり願いたい。

 子どもの生命や人権がないがしろにされる事件が多かったが、子どもの権利条約に記載されている生存や発達の権利など、子どもの最善の利益とはなにかかということを改めて大人社会へ問い直していきたい。とくに学校教育では道徳が正式科目に採用されようとしており、危険な雰囲気が感じられる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

578号 2022/5/15

編集後記

578号 2022/5/15

『不登校新聞』のおすすめ

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...