不登校新聞

401号 2015/1/1

相次ぐ「早期発見・早期対応」策、文科省不登校フォーラム報告

2014年12月26日 16:52 by shiko


どう動くFS政策


 11月28日に開催された「文部科学省全国不登校フォーラム」。この日のフォーラムでは、文科相によるあいさつ、演出家・宮本亜門氏による講演、パネルディスカッションが行なわれた。
 

宮本亜門氏 自らの不登校を

 
 この日、下村文科相は、自身が宮本亜門氏の講演を希望していたことを明かし、その理由として「不登校、ひきこもり経験があったからこそ、いまの活動につながっているのではないか」と話した。宮本亜門氏は講演で、幼少期から舞台に憧れていたことに触れ、しかし、そのことが学校や同級生に理解されず、苦しんだ経験を語った。
 
 その後、行なわれたパネルディスカッションでは、コーディネーターとして森田洋司氏が登壇。森田氏は、2002年の「不登校問題に関する調査研究協力者会議」の主査を務めている。そのほか、パネラーには、現役の学校長、スクールカウンセラー、養護教諭、民間の相談員、全国適応指導教室連絡協議会会長が登壇した。パネラーからは、相次いで「不登校の早期発見・早期対応、未然防止」の必要性が訴えられた。具体的にあげられた早期発見・早期対応への必要な対応としては「登校しぶりからからの対応」「キーマン設置」「行事など部分登校の催促」「職員や関係機関との連携」「こまめな家庭訪問」など。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール等検討会議、意見公募

439号 2016/8/1

教育機会確保法、継続審議へ

436号 2016/6/15

教育機会確保法、国会上程【公開】

434号 2016/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...