不登校新聞

337号(2012.5.1)

「ゆらい」が集会開催へ

2013年05月01日 17:24 by kito-shin
2013年05月01日 17:24 by kito-shin

居場所発の自立援助ホーム 「ゆらい」が集会開催へ

 5月13日、NPO法人越谷らるごがシンポジウム「子どもが施設で育つということ」を開催する。越谷らるごは今年4月、自立援助ホーム「ゆらい」を開設した。背景には、フリースクールや親の会の運営などを通じ、家庭や社会に居場所のない子どもたちとの出会いがある。

 今回のシンポジウムでは、同じ埼玉県にある自立援助ホーム「光の子どもの家」の職員・鈴木洋一さんのほか児童養護施設ですごした若者2人がパネリストとして招かれている。鈴木さんは「私たちは望んでこの仕事に就いているが、子どもたちは望んで施設に来たわけではありません。むしろ、切望したであろう親子での暮らしや家族との生活から断絶されてやってきたのです。大人は子どもにそばに居続け、制度の枠を超え、施設を出た後も関わり続けたい」と語る。シンポジウムの詳細は以下を参照のうえ、お問い合わせを。

■子どもが施設で育つということ
日時・5月13日(日)午後1時半~/会場・越谷らるご(埼玉)/参加費・一般700円、会員500円/講師・鈴木洋一さん(「光の子どもの家」職員)ほか/主催・越谷らるご/連絡先・048・970・8881

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…