WEB版『不登校新聞』の昨年データを見ると、もっとも読まれた記事は「生涯ひきこもりのまま生涯設計を」(アクセス数8212)。記事はファイナンシャルプランナー・浜田裕也さんの講演録をまとめたもの。「生涯ひきこもりであることを前提にでも生涯設計を立てることは可能」という斬新な指摘は、他の新聞、雑誌からも問い合わせが相次いだ。「そんな記事があったの?」と思った方は、ぜひネットでWEB版や浜田さんのHPを見ていただきたい。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。