不登校新聞

405号 2015/3/1

第405回 悲願の高等部通学定期

2015年03月13日 15:14 by kito-shin


連載「不登校の歴史」


 09年2月、長いあいだ要望してきた「フリースクール高等部」への子どもたちへの通学定期券の適用が、フリースクール議連の取り組みで実現した。小中学生への適用は93年であるから、じつに16年かかったことになる。
 
 しかし、「全員ではなかったのである」と前号で書いた。これはどういうことか。
 
 適用が可能なのは、高校在籍中に不登校になり、フリースクールを活用している子どものみが対象である。適用の裁量権は校長が持っている仕組みは、小中学校と同じである。議連も文科省も何とかしようとしてくれたらしいが、鉄道機関の代表的存在であるJRの定款に、学割の条件は「学校教育法第1条の学校」となっていて、そこがどうしても突破できなかったようである。
 
 フリースクールにおける10代後半以上の子どもたちは、小中学生より一般的に多い。そして、高校に在籍している子より、在籍せず、フリースクールでやろうとしている子が圧倒的に多い。
 
 だから、せっかく高校年齢の子どもたちが定期を使えるようになったとしても、「大多数の子どもには助けになりません」と議連に訴えた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...